<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
お知らせ
不幸事がありましたのでしばらく更新をお休みします。
[PR]
by minorugged | 2005-07-21 12:40 | memo
taxi
c0057760_17593761.jpg
c0057760_17594975.jpg

[PR]
by minorugged | 2005-07-18 18:00 | photos
再々出発  /  scrapbook 011
c0057760_4434330.jpg
*The Moon

36年前の昨日、世界中が注目する中、1本のロケットが月に向けて飛び立った。
人類の壮大な夢を背負って宇宙へ向かった、かの有名なアポロ11号だ。ガガーリン
による「地球は青かった」に並ぶ宇宙開発史上の名言、「これは一人の人間には
小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ。」(音声)を残したアームストロング
船長含めた3人の飛行士は約8日間の旅程を経て無事地球に帰還した。

当時積まれていた全てのコンピューターの合算性能は現在の家庭用パソコンの
それよりも低かったという事や、人類2人目の月面着地者オルドリンが「アーム
ストロングにとっては小さな一歩だったろうが、自分にとっては大きな一歩だった」
などの迷言を吐く等、こぼれ話には事欠かない。しかしこの華々しいプロジェクトも
冷戦時代の戦争に代わる争いとしての宇宙開発という前提の元にあった。夢と現実
が複雑に絡み合う中で、それでも当時の人々は純粋な興奮を抑えられずにこの
レースに見入っていたのでは無いかと思いを馳せる。

(ちなみに一時流行った「月着陸はウソ」説に関してはJAXA内の月の雑学
「人類は月に行っていない!?」
にて詳しく書かれているので疑念を持たれて
いる方はぜひ熟読を。皆さんくだらないバラエティ番組に乗せられないように!)

早ければ今日にも予定されていたシャトル打ち上げの延期が再び発表された。
一体何回延期すれば良いのかと苛つきながらも、安全には変えられないと言い
聞かせている人は多いだろう。しかし、日本人乗組員が搭乗するか事故の
時以外は大してシャトルの打ち上げが報道されない日本。「宇宙開発」の正当性
が議論されないままただ打ち上げを見守るという姿勢には疑問が残る。

一体、メジャーへ渡る日本人選手に対する眼差しと何が違うのか。いや、野球
であれば、メジャーで活躍するまで評価を得れないという、正常な批評が行われるが、
ことシャトル打ち上げになると宇宙に行くことが成功だのように思われているふしがある。
それでは本来の目的が全く無視されている。宇宙開発という本来の目的を、日本人が
宇宙へ行くことへの歓喜が上回り、野口さんのミッションである国際宇宙ステーション
の開発が具体的にどのように我々に将来恩恵をもたらすかを観ようともしない。まだ冷戦時
に、政治力を超えた目新しい宇宙という未開の地への冒険というドラマが、莫大な予算
をかけた開発の正当性を保証し得た状況のほうがマシと言えないか。これでは地球上
のもっと使うべきところに金を使えと言われて仕方が無い。

小学生の頃何度もマンガで読んだ宇宙開発の歴史から得た興奮と感動は今も
ハッキリと覚えている。それは幾度と無く、遙か手の届かない世界への好奇心と
創造力を掻き立てるものであった。それこそが宇宙開発の本来の意義であると信じる。
そしてその役割は「2001年宇宙の旅」から40年たった今も、宇宙を舞台にした映画、
マンガ・アニメ等に魅力を感じる人々をみればその役割が果たされている事がわかる。

宇宙開発を中止するべきとは思わない。しかし冷戦後の21世紀において、規模は縮小
しながらも同じ路線で宇宙開発を続けて良いのだろうか。もし「創造力の舞台としての
未知なるフロンティア」を目指す事を重要な目的とするならば、およそ40年の宇宙開発
の進歩が追いつけなかった宇宙に対する人間の創造力はひとまず置いておき、数十年先
の危惧された地球の未来をまず解決してから宇宙へ再び目を向けても遅くはないと思うのだ。

遅くても再来週には宇宙へと飛び立つシャトルは、人類の壮大なる夢を背負うもので
は無く、遙か上空より自分達の地球を写し、宇宙開発と人類の再出発を我々に
問いかけ得る鏡とならないか。


>シャトル打ち上げ、早くても来週後半 NASAが発表 (asahi.com)
[PR]
by minorugged | 2005-07-17 07:23 | scrapbook
Silky   /   photofriday
c0057760_2511625.jpg
*鳥取 / Tottori.JP

このエントリ以上にSilkyな写真は無い!
なので暑さ厳しいこの頃に冬のSilkyを。
少し涼んで頂ければ幸いですっ

PhotoFridayへの参加は、トップページ左にある 「Enter your Link」にて
ブログ名と記事アドレス(トップページは禁止!)を入力し「Post」すれば完了です。
皆さんぜひご参加を!
[PR]
by minorugged | 2005-07-17 03:00 | photos
Candid   /   photofriday
c0057760_12503486.jpg
c0057760_12504897.jpg
c0057760_1251958.jpg
*引用資料:TBS News i (上から2枚)

以下、2005/7/15 追加
Photo Friday テーマ:Candid 【素直な、包み隠しのない】、
に関連して少し古いですが、半月前の6月28日、2つの出来事から。

「これまで誠実に真実を語ったことなど一度もなかった被告が、
突然、真相を吐露始めたなどとは到底考えられない、よって被告人を死刑に処す」


7年前の和歌山カレー事件の容疑者として起訴されている
林真須美被告への2審判決、冒頭文である。最初この下りが
耳に入ってきた時は、果たしてこれが裁判長の書くものなのか
と耳を疑った。林被告の、黙秘を貫いた1審とはうって変わった
高裁での10時間に及ぶ供述を全て聴いたわけでは無い。他3つの
殺人容疑でも起訴されている事実をおいても、主な判決理由と
いうものは提出されている科学的な状況証拠、住民の目撃証言、
論理的検証による供述の検証等であるはずだ。判決理由の中に
一方的人格否定が全面に出てくる事はあってはならない。また、
マイケル・ジャクソンの裁判では、陪審員が後に、『マイケルが性的
虐待を行っていた事は疑いようが無い。しかし以前にも同じ手口に
よって賠償金を得ようとしてきた、原告親子の証言が信頼出来ない
以上、彼を有罪には出来ないんだよ』、と話している。

自分は、あくまで事件の第3者として、最高裁での判断が出るまで
林被告を擁護も批判する気も無い。ただ乱暴ではあるが、裁判では
「狼少年」が反省して素直に証言する事が認められない中で公正な
裁きが行われているかどうかは疑わしいと思うだけである。

天皇、皇后両陛下 バンザイクリフなどで黙礼、平和へ祈り

これ以上複雑にして「素直」な行為があるだろうか。身を投げながら
叫んだ「天皇陛下バンザイ!」は現皇后両陛下を指すわけでは無い。
皇族の立場も今と当時では全く違う。しかしこの次期に、あくまで
天皇家代表としてこの地で頭を下げた意味は大きい。さらに韓国人
追念平和塔にも立ち寄った皇后両陛下は、公式謝罪・賠償金支払い
等のレベルを超えた、かつての侵略国の代表としての`素直な態度`がある。


果たして表現・デザインは一体どのような「素直」さを持ち得るのか。
今は勇気を振り絞って、逃げるピントを合わそうと日々努力する事しか出来ない。
[PR]
by minorugged | 2005-07-15 05:00 | photos
trapped
c0057760_11275987.jpg
 





本日、5つエントリを上げましたので時間がある方はぜひ全てご覧になって下さい m(__)m
[PR]
by minorugged | 2005-07-13 12:50 | graphic
dawn
c0057760_1214138.jpg
*福岡市 / Fukuoka.JP
[PR]
by minorugged | 2005-07-13 12:03 | photos
hanging on
c0057760_10571685.jpg
c0057760_10573153.jpg
c0057760_1412259.jpg
 
[PR]
by minorugged | 2005-07-13 10:59 | photos
focus
c0057760_10463251.jpg
c0057760_10463769.jpg
 
[PR]
by minorugged | 2005-07-13 10:47 | photos
moment
c0057760_2336440.jpg
c0057760_013358.jpg
c0057760_23361758.jpg
   
[PR]
by minorugged | 2005-07-07 23:37 | photos
Top

Minoru`s blog from Osaka.Japan


























































minorugged



minoruggedでガリバーをFollow!
minoruggedのブックマーク
minoruggedのflickrアルバム

friendfeed / Tumblr / about me / mixi / fotologue / wakoopa / Socialtunes / Panoramio
カテゴリ
photos
graphic
ad
memo
scrapbook
moblog
work
タグ
検索
以前の記事
最新のトラックバック
岡本太郎
from なるほどキーワード
人にはなぜ教育が必要なのか
from 僕の雑記ノート
スペースシャトルの考え方
from サイクルロード 〜千里の自転..
ブログ・フレンズ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧




Subscribe with livedoor Reader



AX



minorugged
All rights reserved.